学生歌                   幻の3番以下を掲載!


                                                             浪江 源治   作詞
                                  中村 良之助 作曲

 みそら      りょうらん
一、御空に輝く陵爛の

ほくと    あこが
北斗の星に憧憬れつ

くおん
久遠の理想を高く求め

たど                 てんろ
辿る天路の草枕

                        かりね
行く若人の仮寝にも

まどろ                   かな
円む夢の清き哉

こんぺき     わだつみ
二、紺碧深き海洋の

 そこ
 底ひ知れず秘められし

 いく          さが
 幾その宝探すべく

 うでくろがね    ますら
 腕鉄 の  丈夫が

 じょうよ    ろかい   かじ
 丈余の櫓櫂を舵取りて

  いま
 今し舟出の朝ぼらけ

 みそら      
三、御空に瞬く夕星の


  さやけき光仰ぎみつ

       たか ず     しょうじん
  いざ高 誦さん精進の

               ほがら
  自学の曲も朗かに

     うたびと
  歌う歌人の胸底に

            ひびき
  若き命の響あり

        あま    せ   ゆうび
四、若き海士の背 夕陽あび

   つきとま   へ
   月苫の上に傾きて

                       いさりび
   暮ればゆらぐ漁火の

        ともし
   友の灯と手を取りて


   語り交しつすなどりの

           いこ
   今宵憩はん自治の島

     
五、瞬く星の啓示受け

  ささや        し ご
  囁く波の私語聞きて

                             へ
  青葉隠くるる丘の上の

                     まなびや
  自学と自治の学園に

   とも   とうか
  灯す灯火の清ければ

  千里の原に月淡し